歯のインプラント治療

>「事前診断から治療まで」一覧

インプラント治療を受ける上で

実際に治療費や歯科医の先生の顔を見ることが出来るサイト

インプラント治療は、通常の歯科医院への通院と違い、高額であったり、見た目や仕上がりが非常に気になるものであったりと、とかくデリケートに病院を決めなくてはいけないものです。

例えば東京(神田・新宿)のアイデンタルクリニックは、インプラント治療の経験が豊富で、経験が豊富ということは仕上がりに期待でき、頻繁にインプラント治療をしているということは1件の手術あたりの料金の引き下げにも成功しています。

これからもインプラント治療を積極的に行っている病院があれば、ご紹介していきます。また、インプラント治療を積極的に行っている病院の院長先生、当サイトでご紹介させていただきますから、是非ご連絡をお願いします!
ご連絡フォーム

入念な治療計画を立てる

  入念な治療計画を立てる

入念な治療計画を立てることがインプラント治療前の大切な心がけとなります。せっかくインプラントを行うのですから、少しでも安全に、長い間使えるようにしたいですよね。そのためにもしっかりとした治療計画が必要となるのです。

念頭に置くべきポイントは次の3つです。

  1. インプラントをどこに何本埋入するか。
  2. 治療期間はどれくらいか。
  3. インプラントの費用はいくらくらいか。

ページのトップへ ▲

インプラント治療が適している人

インプラント治療が適している人は、以下の通りです。

インプラント治療が適している人
  • 支える歯が片側にしかないためブリッジを付けられない人
  • ブリッジを支える歯と歯の間隔が広すぎる人
  • すでに入っているブリッジを壊したくない人
  • 前歯が抜けている人
  • 奥歯が無い人
  • 歯をブリッジのために削りたくない人
  • 入れ歯が面倒だと感じている人
  • 入れ歯の感触が耐えられない人
  • 入れ歯で発音などが難しいと感じている人
  • 固定義歯が職業上必要な人
  • 入れ歯が心理的にストレスとなる人
  • 入れ歯が合わなくなった人

ページのトップへ ▲

症状に合った治療法

インプラントは何本歯を失っても、他の歯に影響せずに治療できます。

歯を1本失った場合のインプラント
症状に合った治療法1 失った部分にインプラントを1本埋入します。従来は、健全な両隣りの歯を削ってブリッジを用いて治療していましたが、インプラントを用いると健全な歯を傷つけることなく治療を行うことが出来ます。
歯を何本か失った場合のインプラント
症状に合った治療法2 従来は局部的な入れ歯を用いて治療を行っていましたが、インプラントを何本か用いて治療を行います。入れ歯を固定するための金属のバネによる違和感はもちろんありません。
歯をすべて失った場合のインプラント
症状に合った治療法3 従来の総入れ歯ではなくインプラントを用いて治療します。この方法なら食物が入れ歯と口腔粘膜の間に挟まったり、入れ歯が合わなくなるようなことはありません。
1本も無い場合でも、インプラントを入れることで、歯の機能を回復することができます。顎の骨の状態によって、インプラントを入れることができる本数が変わってきます。

ページのトップへ ▲

手術前にムシ歯と歯周病を治しておく

手術前にムシ歯と歯周病を治しておく

インプラントを行う前に必ずムシ歯や歯周病の治療を済ませてください。口の中が清潔でない場合、または感染がある場合、インプラントを埋入しても上手くいきません。ですから、歯磨きの練習が必要となります。インプラントを入れた後でもメンテナンス面で正しい歯磨きは歯周病などを予防する上でも大切です。

なお、場合によれば手術当日までに医師が『サージカルステント』を作成します。これは、インプラントの埋入方向・部位のガイドとなるものです。これら全ての準備が整えばようやくインプラント治療を開始することができます。

ページのトップへ ▲

治療にあたって注意を要する人

インプラント治療を受けるにあたって、特に注意が必要な方は次の通りです。

治療にあたって注意を要する人
  • 強い代謝系疾患の症状がある人
  • 循環器疾患がある人
  • 内分泌機能障害(特にバセドー氏病)がある人
  • 高血圧の人
  • 呼吸器疾患がある人
  • 腎疾患がある人
  • 人工透析を受けている人
  • 出血性素因のある人
  • 骨粗鬆症の人
  • 薬物中毒の人
  • 肝疾患がある人
  • 妊娠中の人

ページのトップへ ▲

体に病気がある場合

体に病気がある場合の注意点

体に病気があっても基本的には手術を受けることが可能です。持病がある人、妊娠している人、内科的な疾患がある人は、前もって報告してください。いずれにせよ、まずは自身の内科主治医と相談することが良いでしょう。なお、妊娠中の方は、出産後にインプラント治療を始めることがいいでしょう。

ページのトップへ ▲


【PR】カードキャッシング比較サイト | クレジットカード

【PR】 草花木果 | 利尻ヘアカラートリートメント | アグロナチュラ | クリスタルピンク | セラムデュー | ジョンマスター トライアル

Copyright (C) 2006 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.