歯のインプラント治療

>「お役立ち情報」一覧

インプラントの費用について

実際に治療費や歯科医の先生の顔を見ることが出来るサイト

インプラント治療は、通常の歯科医院への通院と違い、高額であったり、見た目や仕上がりが非常に気になるものであったりと、とかくデリケートに病院を決めなくてはいけないものです。

例えば東京(神田・新宿)のアイデンタルクリニックは、インプラント治療の経験が豊富で、経験が豊富ということは仕上がりに期待でき、頻繁にインプラント治療をしているということは1件の手術あたりの料金の引き下げにも成功しています。

これからもインプラント治療を積極的に行っている病院があれば、ご紹介していきます。また、インプラント治療を積極的に行っている病院の院長先生、当サイトでご紹介させていただきますから、是非ご連絡をお願いします!
ご連絡フォーム

治療費について

治療費について

インプラントは保険診療ができない自費診療なので、費用が心配という方が多いと思います。具体的な額は歯科医院によって違いますが、単純に1本いくらと計算できないのが、現状です。あえていえばインプラント1本入れると20〜40万くらいが相場です。

その他、かかってくる費用としては、アパットメントや人工歯の利用菌、手術代も必要です。またインプラントを埋入する場所に、十分な骨がない場合に、骨を増やす治療が必要となります。費用は骨移植のみの費用がかかる場合や、インプラント治療の中に含まれる場合など、医院によって異なります。また、骨のない状態によっても異なってきます。

ページのトップへ ▲

インプラント治療と医療費控除

医療費控除とは1年間に医療機関に支払った医療費の合計金額が200万までの範囲で、10万を越える部分について受けられる制度です。

インプラント治療は、その対象に認められているので、この制度を利用して医療費の負担を軽減することができます。医療費控除の計算法は、(医療費の合計マイナス10万円)×所得税率で、所得の多い高額納税者ほど、還付金も多くなります。

ページのトップへ ▲

医療費控除の申告

申告は、誰にでも簡単にできます。

  • 医療機関に支払った治療費の領収書のほかに、通院にかかった交通費の合計を出します。
  • 源泉徴収票(給与取得者の場合)
  • 印鑑
  • 還付金を振り込んでもらう金融機関の口座番号

以上を用意して税務署に行き、所定の申告書に記載して提出すれば、後日、指定した講座に還付金が振り込まれることになります。 場合によっては治療費の半分以上が還付されるケースもあり、高いと感じる治療費もそれほどでもないと思えるでしょう。

ページのトップへ ▲


【PR】カードキャッシング比較サイト | クレジットカード

Copyright (C) 2006 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.