歯のインプラント治療

>「事前診断から治療まで」一覧

インプラント治療の進め方

インプラント治療の流れ

インプラント治療を始めるうえでの診断から手術にいたる流れを説明すると、次の通りとなります。

インプラント治療の流れ
1.初診
治療に関しての説明・相談
2.検査
病歴・健康状態の問診、レントゲン、歯型採取
3.診断
手順・手術の方法と説明(インフォームド・コンセント)
4.第一次手術
フィクスチャー埋入
5.第二次手術
アバットメントの連結

ページのトップへ ▲

治療前に必要な検査

インプラント治療を始める前には、慎重な事前検査が必要になります。十分な検査なしでフィクスチャーを埋め込めば、上顎の上顎洞への穿孔や下顎の神経麻痺などの合併症が生じるかもしれません。また、せっかく導入しても、位置が悪ければ上部構造の作成に使えなくなります。そのステップは次の通りです。

治療前に必要な検査
1.問診 
インプラント治療を受けたい理由や要望などを診ます。
2.既往症の検査
今までの歯科医療の経緯や歯を失った原因の検査
3.現症の検査
現在の口の中や、鼓膜や骨の様子を診ます。
4.口腔内模型検査
口の中の型をとって石膏で模型を作り、顎の骨の状態、厚み歯肉の状態を調べます。
5.レントゲン・CT検査
骨量、骨質、骨形態の予測をするために行ないます。
6.内科的検査
インプラント治療に支障となるような病気や異常がないかの検査です。
7.術後の口腔内予測
適切な補綴物を作るためには、どこにインプラントを埋入するかを検討します。

ページのトップへ ▲

インプラント手術法

インプラントの手術法には1回法と2回法の2通りあります。

1回法/1ピース
歯根部と支台部が一体になったインプラントです。この方法は1回の手術で済み、フィクスチャーとアバットメントが一体となっているものが埋め込まれます。歯根部と支台部が一体型のため、強度に優れていてます。骨が十分ある人は1回法/1ピースで大丈夫です。
1回法/2ピース
1回法/1ピースでは負荷がかかりやすいため、歯肉縁上のポスト部を短くしたタイプです。歯肉を出した状態でフィクスチャーの上端が埋め込まれ、数ヵ月後にアバットメントが取り付けられます。清掃性が高く、術者可撤式の上部構造を作成することができます。
2回法/2ピース
歯根部と支台部に分かれているインプラントです。この方法は2回の手術が行なわれ、一度フィクスチャーを埋め込み、歯肉で完全に覆います。数ヶ月後に、歯肉を切り開きアバットメントを取り付ける2回目の手術が行われます。
支根部と支台部に分かれているために、豊富なバリエーションを持ち、審美性に優れているため、骨が足りない人や、前歯など審美性にこだわる人などはこの方法で行ないます。期間は最終的な歯が入るまで3〜6ヶ月、骨造成の場合はその倍を目安としてください。
インプラント手術法

ページのトップへ ▲

インプラントの種類

インプラントには様々な方法があります。近代インプラントは「骨膜下インプラント」という手法から始まり、「骨内インプラント」へと発展してきました。他にも「歯内骨内インプラント」や「粘膜インプラント」など、他種の型を組み合わせたり、自家製のインプラントを含めれば多種多様な型がありますが、現在行われている方法のほとんどは骨内インプラントです。

骨内インプラント
骨体内に埋め込むインプラント。現在の歯科用インプラントの殆どが棒状の骨内インプラントです。
骨膜下インプラント
顎が痩せているためインプラントを、埋め込むことができない場合に用いられる方法で、粘膜と顎の骨の間に板状のインプラントを入れます。現在はあまり用いられていません。
歯内骨内インプラント
歯がぐらぐらしている場合に補強目的で入れるが、現在はほとんど用いられない。
インプラントの種類

ページのトップへ ▲

インプラント治療法(2回法の場合)

フィクスチャー埋入
手術の前には、病院でどのように手術が行われるかについて説明を受けます。手術前日は、睡眠を良くとり、健康状態に気をつけましょう。フィクスチャー埋入は、短くて20〜30分、長くて2〜3時間が目安です。局部麻酔後、顎の骨にフィクスチャーが埋め込まれ、その頭の部分にカバーがはめられます。安定期間をはさんだ後にアバットメントの取り付けが行われるので、その間このようにカバーするのです。
安定期間
手術後2週間は注意を要する期間です。まず、傷口を洗浄してもらうために4〜5回は通院が必要となります。また、フィクスチャーに刺激を与えないため、食事面でも流動食や柔らかいものを食べなければいけません。食後は、口内の清潔を保つため必ず口をゆすいでください。歯ブラシも刺激となるので使えません。
この後二次手術が待っていますが、まずは安定期間を置かなければなりません(上顎:4〜6ヶ月、下顎:3ヶ月以上)。これは新しい骨ができ、石灰化して硬くなる大切な期間ですので決してないがしろにしないでください。
アバットメントの連結
ここでは、上部構造(人工の歯)を作成するためのアバットメント(連結部)を埋入したフィクスチャーに連結します。手術は、20分〜1時間くらいが目安です。まず、フィクスチャーが埋め込まれている歯肉を切開し、フィクスチャーを出します。次に、被さっているカバーをはずし、アバットメント連結を行います。
術後、確認のためレントゲンを撮ります。また、インプラントがしっかりと骨に固定されているかも確認されます。最後に傷口を縫い合わせます。抜糸は約1週間後。そのさらに1週間後に補綴治療に移ります。
インプラント治療法

ページのトップへ ▲


【PR】カードキャッシング比較サイト | クレジットカード

Copyright (C) 2006 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.