歯のインプラント治療

>「インプラント治療」一覧

インプラントのススメ

実際に治療費や歯科医の先生の顔を見ることが出来るサイト

インプラント治療は、通常の歯科医院への通院と違い、高額であったり、見た目や仕上がりが非常に気になるものであったりと、とかくデリケートに病院を決めなくてはいけないものです。

例えば東京(神田・新宿)のアイデンタルクリニックは、インプラント治療の経験が豊富で、経験が豊富ということは仕上がりに期待でき、頻繁にインプラント治療をしているということは1件の手術あたりの料金の引き下げにも成功しています。

これからもインプラント治療を積極的に行っている病院があれば、ご紹介していきます。また、インプラント治療を積極的に行っている病院の院長先生、当サイトでご紹介させていただきますから、是非ご連絡をお願いします!
ご連絡フォーム

インプラントのメリット

インプラントのメリット

入れ歯では得られない『安定感』が最大のメリットと言えましょう。インプラントにすると固いものでも問題なく噛むことができ、異物感や発音障害も解消できます。また、ブリッジのように歯を削る必要はありません。見た目も天然の歯と同じで、自信を持って食べたり、飲んだり、笑ったりできます。

すっきりとした見た目、周囲の歯を傷つけない、天然の歯と同じ噛み心地など、乳歯、永久歯に変わる「弟3の歯」としてインプラントのニーズはますます高くなっています。

ページのトップへ ▲

従来の治療法の限界

従来の治療法(ブリッジ)とインプラントを比較すると、インプラントならブリッジのように歯を削る必要はありません。また、多くの歯が抜けている場合、ブリッジでは、多くの歯で支えなければなりませんし、咬合圧(噛む時に支えの歯にかかる圧力)にも大きなものがあります。インプラントでは、本来の歯数のバランスもとれ、咬合圧の負担も少なくなります。

また、入れ歯(総入れ歯)の場合は、使い続けているうちに歯茎が萎縮したり、顎の骨が変形し安定感が悪くなることがあります。安定していないなので、歯ごたえのある物を食べるにしても、とても不自由です。手入れに関しても食事の後に毎回取り出して掃除しなくてはいけませんし、はずした途端に、口元にシワがより、顔立ちが変わるのも辛いものです。

また奥歯が抜けている場合など、取り外しができる入れ歯(部分入れ歯)を用いていましたが、入れ歯がはずれないようにするためのバネが、歯茎や残っている歯にかなりの負担をかけてしまう上、入れる場所によってはバネが外から見えてしまいます。

従来の治療法の限界

ページのトップへ ▲

インプラントを理解し、納得の治療を

インプラントを理解して納得の治療を

インプラントを理解し、納得してから治療を受けることが一番重要なポイントです。問題点や危険性、治療自体がどのようなものであるかについて担当の歯科医からきちんとした説明を受けましょう。また、質問や希望などをすべて伝えることも大切です。

もし、どうしても歯科医を信頼できない、またはどうしても納得できなければ、別の医院に変えてください。要は、自分から治療に対して積極的な姿勢を取ることが、心地良いインプラント治療を受ける鍵となるのです。

ページのトップへ ▲

インプラントの向き・不向き

日本には、現在約40種類ものインプラントがあり、それぞれ歴史や治療法に違いがあります。重度の心臓疾患や糖尿病など全身疾患があると、すぐにインプラント治療をすることができない場合もあります。しかし、段階的な治療を行なうことによって、高齢で、歯が1本もない、総入れ歯の状態でもインプラントにすることは可能です。

インプラントの適、不適

ページのトップへ ▲


【PR】カードキャッシング比較サイト | クレジットカード

Copyright (C) 2006 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.